増える患者数

看護師

この先高齢者が増加する一方と考えられています。それに伴い、認知症になる人もどんどん増えていくでしょう。医師に頼れない場合、介助のコツなどを知っておかなければいけません。またサプリメントの摂取も検討しましょう。

詳しくはコチラ

今とこれからを考える

老人

医療はこれからも必ず進歩するわけですから、認知症そのものがなくなる可能性もゼロではありません。しかし、今のところは完璧に治すものがないのが事実です。認知症にならないための予防が大事になってきます。

詳しくはコチラ

家族の誰かがなったとき

老人

アルツハイマー型認知症などを完全に治す薬はないです。しかし、症状をやわらげる方法はあります。それは、家族と認知症の人とのコミュニケーションです。他にも音楽療法などがあるので、試してみましょう。

詳しくはコチラ

予防や早めの対処

認知症の予防に効果がある成分にレシチンがあります。レシチンは脳機能を高めることが出来る成分として知られています。

物忘れがひどくなったら

看護師

年齢を重ねるにつれて物忘れが増えます。しかし、それは自然のなりゆきと言っていいでしょう。ですが、あまりにも物忘れがひどい人は、将来的に認知症を発症する可能性が高いです。認知症が発症したから物忘れがひどくなると思っている人がいますが、実はそうではありません。発症する前に、年齢とは見合わないひどい物忘れが見られます。いきなり認知症を発症するわけではありません。物忘れが前よりひどいなと思ったら注意が必要です。そう思えるうちに、専門医に相談するようにしましょう。もし、認知症と診断されたらショックを受けるからと、専門医に相談しない人が多いです。しかし、その考えは捨てましょう。早期に分かった方が手が打ちやすいからです。認知症は対処が遅れるとどんどん症状が進行してしまうため、予防や早めの対処が大切です。

対処法を知る

認知症の人の特徴と言えば色々ありますが、同じ質問を繰り返すことが多いです。何度も食事を要求することもよくあります。家族に認知症の人がいると、相手が病気と分かっていても、ついイライラしたりどうしたらいいか分からなくなったりします。それでは、介助に疲れてしまうでしょう。認知症の人の言動や行動の対処法を知っておくことです。同じ質問を繰り返されても、無視をしたり適当にあしらってはいけません。もちろん、何回も同じことを言わないでといったことも言ってはいけません。淡々と同じ答えを返すのが基本です。また、生活をしていれば忙しいときもあるでしょう。そう言うときは、忙しいと言うことを伝えて、後できちんと聞くと言ってあげることです。また今は病院で行動療法や芸術療法というものが行われているので、家にいさせるのではなく、病院でそういったリハビリや治療を受けさせるようにすることも大切です。またサプリメント摂取や薬物療法などもあるので、家族に認知症の人がいるのであれば、医師と相談しながらどの方法がいいのかを検討しましょう。